和食の匠 小林雄二って、どんなヒト?お店の場所やメニューは?

先日テレビを観ていたところ、「和食の匠 小林雄二」さんという方が取り上げられていました。

その鮮やかな技術と、出来上がったお料理の素晴らしさに感動して、「和食の匠 小林雄二」さんのことについて調べてみました。

皆さんも気になりませんか・・・「和食の匠 小林雄二」さん。

そこで今回は、調査の結果を皆さんにも教えちゃいましょう。

和食の匠 小林雄二のプロフィールは?

小林 雄二さんは・・・

1976年、茨城県生まれ。

ですが、出身は石川県金沢市となっています。

高校卒業後、調理師専門学校に入学し、在学中に器の魅力に目覚め、コレクションを始めました。

その後、都内の日本料理店を経て、和食の名店「吉兆」でウデに磨きをかけます。

さらに、銀座の割烹では20代の前半からカウンターに立ち、さまざまなお客さんを前に料理のウデをふるいます。

そして、24歳の時に当時の店の女将さんから「突き詰め方が甘い」と指摘され、これを契機に器のコレクションも本格化。

その後、2009年に六本木に「青華こばやし」をオープンし、今に至ります。

和食の匠 小林雄二のお店の場所やメニューは?

「和食の匠 小林雄二」さんのお料理・・・どこでいただけるのか気になりますよね?

先ほど、ご紹介したように、小林雄二さんは、2009年に六本木に「青華こばやし」をオープンしていますが、その後2016年2月に荒木町へ移転しています。

早速行ってみたいという方のために、お店の詳細をご案内します。

■青華こばやし

【所在地】 東京都新宿区荒木町10-17 1F

【TEL】 03-6380-0978

【営業時間】 12:00~21:30 ※昼、夜とも完全予約制 日曜営業

【アクセス】丸の内線四谷三丁目駅・都営新宿線曙橋駅 徒歩5分程度

ちなみに、「青華こばやし」の人気メニューは・・・

*4時間かけてじっくりと蒸しあげることで、驚きの柔らかさを実現した「蒸し鮑」!

*耐火レンガの炉で、時間をかけてじっくりと炭火焼きにした『真名鰹』!!

*茹でたのちに、丁寧に盛り付けされた蟹の身を土佐酢でいただく「セイコ蟹」!!!

だそうです。

どれも美味しそうですよね。

私も、食べてみたいです(*^。^*)

「和食の匠 小林雄二って、どんなヒト?お店の場所やメニューは?」のまとめ

今回は、「和食の匠 小林雄二」さんについて、ご紹介させていただきました。

ますます、「和食の匠 小林雄二」さんに興味を持っていただけたと思います。

さすが、「和食の匠」と言われるだけあって、小林雄二さんのお料理は素晴らしい仕上がりです。

器にもこだわっていて、色鮮やかなお料理がさらに引き立ちます。

機会がありましたら、皆さんも、「青華こばやし」で「和食の匠 小林雄二」さんのお料理を楽しんでみてくださいね(*^^)v

テレビ番組

Posted by H